FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シンセサイザー】デチューンの話その2【Synth1】

前回Synth1で音程をずらし音に厚みを加える「デチューン」の方法を紹介しましたが、


ネットで調べたら他の方法もあるようでした(汗)


detune02

上図の「det」のツマミを回すと、「8重デチューン」という効果が得られるそうです。


(周波数をずらしたものを8個かさねるそうです)。


やってみたら、前回紹介した方法より濃い感じに太い音になりました。


……もっと調べてから記事をupすべきでした…(-.-;)


スミマセンです…(汗)






今回、デチューンについてまとめているうちに、ふと昔の事を思い出してしまいました。






僕は音痴なので、人前で「歌う」ことが昔から嫌いです。



中学校のころ、毎年「合唱コンクール」という行事がありまして、



その時期が近づくと、ものすごく憂鬱になったものでした。





まじめな学級委員の子に「音を外さないで、ちゃんと歌ってよ!」


とよく怒られてました。





「そんなこと言ったって… ぼく音痴なんだから しょうがないじゃん…(泣)」


と思いましたが、言い返せずにいたものでした。






今思えば…








あの時、こう言い返せばよかったのかも……











「フ…… このオレのデチューンで 歌に厚みを増してやっているのさ!」……と……。










………。










「わけの分からんことを言うな」と余計に怒られるだけですね…きっと……(T T;)






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中学の合唱コンクールw ありましたね、そういうの。
男子中学生ってちょうど、声のコントロールが利かなくなる時期なので
綺麗にまとめるより「デチューン」で厚く凶暴にしたほうが荒々しくて楽しいでしょうねw

「8重デチューン」っていわゆるSuperSawみたいな効果なんでしょうかね?
昔はデチューンといえば前回の様な使い方だったんですけど、
今は思い切り調子はずれになるまでデチューンした音色が多様されてますよね。

No title

Rクレイジーマンさん こんにちはです (^o^)ノシ

歌がうまく歌えず悩んでる変声期の中学生って結構いると思うのですよ。
今なら、そんな子に「きみには存在価値があるんだ!(デチューン的な意味で)」
……そう言ってあげられる気がします(笑)


DTM音作り@ウィキというページに、
「SuperSawは、従来の1オシレータに1つの波形を出力するのではなく、1オシレータに7層の鋸歯状波を仮想的に発生させることにより実現している…」と言う解説がありました。
なのでSuperSawとほぼ同じなのではないでしょうか…?

まだまだ分からないことが沢山ありますが、勉強つづけて生きたいです~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。