スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【憂誕!】ジャケパロその9【Mike Stern】



2月22日は平沢憂ちゃんの誕生日!




おめでとう!(*´∀`*) 嫁に来てください!!(屮゚Д゚)屮 カモーン!




今回の元ネタはマイク・スターン (Mike Stern)氏



ジャズギタリストなのですが…




本作「Who Let The Cats Out?」はベーシストにもオススメです!




↓参加ベーシスト


クリス・ミン・ドーキー (Chris Minh Doky)

ミッシェル・ンデゲオチェロ (Meshell Ndegeocello)

リチャード・ボナ (Richard Bona)

ヴィクター・ウッテン (Victor Wooten)

アンソニー・ジャクソン (Anthony Jackson)





なにコレ!超お得!なCDとなっております(*´∀`*)




ジャケットも猫さんがいてカワユス! (合成写真の編集をもうちょっと頑張って欲しい気もしますが…)。




是非お試しあれ~ノシ

スポンサーサイト

ためになった本

僕は基本的になまけ者で、




絵だろうが何だろうが「楽して上達したい」と考えがちなので




いわゆる"マニュアル本"の類をよく買います。




その中でためになった、というより解説の発想が面白かった本がありましたので、紹介します。




漫画バイブルゼロシリーズ
描けない! うまくいかない絵がビシッと決まる25の裏ワザ

描けない!




この本の中では、絵を描く人を2つのタイプに分けています。




①思考型   …物事を理屈で考える。納得いかないことは説明してほしい。

②イメージ型 …物事を感覚で捉えることができる。考え事は苦手。




イメージ型は練習すればするほど自然に上達しますが、




思考型は頭で考えた事にとらわれがちで、




目の前のモノをそのまま描けず迷走する傾向があります。




その代わり、思考型でも理屈で正しい描き方を説明され、理解できると絵が上達するとしています。




この本では主に「思考型」の人を対象に、コツや方法論を解説してくれています。




内容は「マンガ形式」で、イメージ型と思考型の二人のキャラを登場させて




わかりやすく解説されているので、とても読みやすいです。




この本では思考型のキャラは「残念な子」扱いですが、




「思考型でも絵は上達します」とフォローしてくれています。




僕個人はと言いますと、間違いなく「思考型」だと思いました。




絵を描いて行き詰まると自分の感覚に頼らず、すぐ方法論に走って




googleで「髪の毛 描き方」とか「影 塗り方」とか検索してしまうのでwww





それはそうと、




音楽では間違いなく「思考型」だと厳しいでしょうね。




感覚がないと音楽理論だけでカバーしきれないと思うので…




僕は…音楽でもイメージ型ではないです(´;ω;`)

【ミクさん】ジャケパロその8【Will Lee】




今回のジャケパロの元ネタはWill Leeです。




Will Lee氏は 幅広いジャンルの多数のレコーディング、ツアーに参加しており、




何でもできてしまうので、このお方のスタイルの説明はしにくいのですが




強いて言うなら「いかにもベーシスト」といった感じです。




今回のCDは20年ぶりにだしたソロアルバムだとか。




このCDのジャケットをみて私はふと思いつきました。




ジャケパロする





Will Lee氏を女性キャラに変換する





濡れたワイシャツ





透けブラ





ジャスティス!∑(゚Д゚;)ハッ





という訳で、ノリと勢いだけで描きました。




しかし、イマイチ色気が出せてないような…(´д`)




今回の反省をいかして、次からちょっとずつクオリティアップできるよう頑張ります(`・ω・´)フンス!


【さわ誕!】ジャケパロその7【Robert Johnson】




1月31日はさわちゃんの誕生日!




と、いうことでジャケパロを描きました。




元ネタは「ロバート・ジョンソン (Robert Johnson)」です。




何年か前に僕は、Blues弾く人といえばエリック・クラプトンくらいしか知らないのに




近所で行われたブルース・セッションに参加しました。




そこで、エレキギターを弾いていたオジさんに






「お前はブルースの魂が分かっていない。もっと曲を聴くべきだ」






と熱いご指導をいただき、その時紹介してもらったモノの一つが「ロバート・ジョンソン」でした。





CDを買って聴いてみると、アコギだけで朗々と吟ずる曲が…






予想とかなり違う方向で渋すぎだったので、(゚д゚;)←こんな感じで放心しました。






「ごめんオジさん… オレ、ブルースの魂わからんかも…」とその時は思いましたwww





その後、僕がホントの意味で「ブルースの魂」を理解できたかわかりませんが、




こういうのもアリかと考えられるようになり、今は楽しんで聴いてますw



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。