スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しが終わって②

引っ越しの時に印象にのこった荷物(?)シリーズ


その②:青木智仁のポストカード

Tomohito Aoki

 ベーシスト青木智仁氏が亡くなった頃にベースマガジンの付録でついてた物と思われます。



引き出しの奥の方に入れっぱなしのまま忘れてました、偶然発掘しました。



もう亡くなってから6年たつのですね…



時が過ぎるのは早いとしみじみ思います。



スポンサーサイト

引越しがおわって①




引越しが終わってしばらくたち、新生活にも慣れてきました。



荷物を大量に整理しなくてはならず、中には名残惜しいけど手放したものもいくつかあります。



今回はそんな荷物のなかで印象深いものを紹介していきます。



その①:Victor Wootenにサインしてもらったベース

bass tai tai


数年前、Victor Wootenが来日した際に、近所でベースクリニックを開いてくれました。



その時、持参したベースにサインをいただきました。






Victorのアルバム「Soul Circus」の一曲目はVictor Wootenの息子さんのトークではじまります。



まだ幼い息子さんはギターのことを「guitar」と言えず、「Tai Tai」と呼んでいたそうです。



その為、イントロのトークではベースのことを「Bass Tai Tai」と言ってました(笑)



このイントロが印象にのこっていたので、サインをもらうときに拙い英語で



「サインと一緒に『Bass Tai Tai』と書いてください!」



とお願いしましたら、快く書いてくださいました(´∀`*)




(写真の画質が悪くて分かりにくいかもしれませんが、Victor Wootenの名前の上に「Bass Tai Tai」と書いてあります)







こんな思い出にのこるベースなのですが、残念ながら壊れて再起不能になっており…



引越しの時に手放すことになってしまいました(´;ω;`)



また来日してくれたときにまたサインをもらいたいです~。






長くなってしまったので、今回はこの辺で終わりますノシ



気がむいたら「引越しの荷物で印象に残ったもの その②」をやるかもしれません。



ではでは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。