スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラップのサムピング(アップ)について


ていおん!4コマ久しぶりにupしました。

今回のネタは「スラップ」についてです。

スラップの親指の奏法はおおまかに分けると、

【図1】
Fig 1
このように、親指の関節の硬いところでネックに対し垂直にたたく方法と…

【図2】
Fig 2
このように、親指の先のほうをピックのようにして使う方法(アップ・ダウン)の2種類かと思います。



それぞれに短所、長所がありますが【図2】の方法はピック弾きみたいに連続で音を出しやすいのでお勧めの方法です。




ただ、この方法は始めのうちは難しく感じるかと思います。



特に、親指を上にあげて音をだす「アップ」がうまくできず悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?


私も最初は全然できませんでした。



ギター始めたばっかりの時ギターのFが押さえれない~(泣)って感じたのと同じくらい全然できる気がしませんでした。



ところが、音が鳴ってなくても、友人から「何やってんの?」って目で見られても

気にせず数ヶ月間そればっかり延々と練習し続けたら…いつのまにか鳴らせるようになりました。



自転車に最初乗れなかったけど、いつの間にか乗れるようになった、

ギターのFがいつの間にか押さえれるようになった、

という感じに近いです。



「コツは何ですか?」って聞かれてもお答えすることは難しいですが…

強いて言うなら「いつか必ずできるようになる」と信じて練習を続けること…かも知れません。



わたくしの場合、アップの音は鳴ってもベースそのものがヘタッピなのはいまだにどうしようもないですが(泣)



そのほかのコツは…親指を深く入れすぎずに、親指の先だけ(図2の青丸の部分)で弾くようにすること……でしょうか…?


無責任な説明になってしまってホントにスミマセンです。


がんばりましょう~


ではでは~ ノシ
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。