スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーボード



「けいおん!」ムギちゃんの4コマを描きました。

僕は今ベースに長いことハマっていますが、高校2年くらいのときはキーボードをやってました。

当時、友人と「バンドやってみよう」ってことになりました。
その時フォークギターを練習してたので、ホントは「ギターやりたいな~」と思ってました。
しかし、他にギターをやりたい人間がいたことと、「お前、小学生のときピアノ習ってただろ? キーボードやったら?」と言われ、キーボード担当になりました。
…ピアノやってたといっても、バイエル卒業したらやめちゃったので楽譜もろくに読めないのですが…。

でも、キーボードやってみたら結構面白かったので大学くらいまで続けていました。
結局「楽譜よめないとキツイ」と言うことで挫折しましたが…。
その後、社会人になってからベースを始め、こっちのほうが好きになってしまったのでそのままベースを続けています。

しばらく鍵盤にほとんど触っていないので、キーボードはろくに弾けなくなってしまいましたが、当時勉強したコードや音楽理論の知識は(浅いですが)今でも役にたっています。
スポンサーサイト

あずにゃん×ゆい



「ていおん!」番外編その2です。
2コマになってしまいました…
BECK読んでない人にはわからないネタですみません…。あずにゃんの「ぷくーっ」が描きたかったもので…。

あずにゃんに怒られたらむっちゃ練習するだろうな~。いや、むしろ怒られたいから逆に練習しなくなるかも… ど、どうしよう!?(汗)

ライブパフォーマンスとして楽器を壊したり、燃やしたりという話は時々耳にしますが、「こわすくらいなら僕にくれないかな~」と思ってるのは僕だけじゃないはず。



ドラムマニア

ドラマーの演奏はバンドに与える影響が大きいため、少しもミスれない…
正確にリズムを刻み続けるドラマーさんたちはエライなぁ~、と思ってます。

昔、ゲーセンで「ドラムマニア」にはまってたことがあります。
あのゲームだと4、5回くらいミスってもステージクリアできますが、
リアルのバンドでそれだけミスったら他のメンバーにむっちゃ怒られるだろうな~
シンバル蹴られるかも(笑)

生ドラムもいつか練習してみたいです。時間の都合云々でなかなか難しいですが…

ベース ポジション表

ベース初心者の方のために、ポジション表をつくってみました。
ベースポジション表

「ドレミファソラシド」の表記だと↓の様になります。
position02.png


「#や♭はどこにあるの?」。
ヘッド側に一つずれると「♭」、ブリッジ側に一つずれると「♯」になります。
↓の図はDとD#、D♭の例です。
position03.png

ベースのストラップ

ベースのストラップの長さが違うと、ひきやすさが結構かわってしまうので昔はどのくらいの長さにしたら良いか、よく悩みました。
いろんな教則本を見ると、ギターでもベースでも「座ったときと立ったときで、楽器の高さが同じくらいになる程度がいい」と勧めていることが多いようです。

自分のストラップの長さもだいたいそれくらいです。

「"見た目重視"で長くしたほうがいい!短いとダサい!」って言ってストラップを長くするよう僕に強く主張してきた友人がいました。
軽く却下しました(笑)。

ただでさえヘタッピなのに、さらに楽器をひきにくくしてどうする…!!

長いストラップの欠点として、「スラップ(とくにサムピングのアップ)」がやりにくくなる、という点が挙げられるかと思います。

レッド・ホット・チリペッパーのフリーは比較的ストラップが長いですが、
あのお方は楽譜とか動画をみるとほとんどサムのアップをつかってないので、ストラップが長くても大丈夫なのかと勝手に考えています。

画像アップロードのテスト

画像アップロードのテストです。
pixivに投稿した絵をupしてみました。
【低音!】純ちゃん【ブタっ!編】

ブログはじめました

blogはじめました~。
たびたび更新できないかも知れませんが、まったり続けていきます(^-^)/
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。