スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Walz for Debby

最近教えてもらったこと。



Bill EvansのWalz for Debbyですが…







ヘッドホンで片耳だけで聞いてみてください。



ピアノまたはベースの音が消えます。



なので、この曲に合わせて練習する際に スピーカーの片方を消音にしとくと



ベース、またはピアノのマイナス・ワンで演奏ができるというわけです(・∀・)



スコットラファロまたはビルエバンズになりきった気分を味わえます。



是非お試し下さい ノシ


スポンサーサイト

iReal Pro

ダウンロード

最近、知人に「iReal Pro」を紹介してもらいました。




Jazzなどの曲の伴奏してくれるスマホのアプリです。




テンポを変えたり、転調もすぐできるスグレモノで、練習のお供として使っています。




昔は、伴奏用の曲をつくるときに、




リズムマシーンに一音一音手で入力して、作成に時間がかかりましたが




その頃と比べるととても便利な世の中になりました (゚д゚)(。_。)ウム

Bass Magazine 2014 May

カッコイイ!と思った曲がベースマガジンで採譜されてると、とても嬉しい(*≧∀≦*)




しかし…






その曲が「ドロップDチューニング」だった時のガッカリ感は半端ない(´;ω;`)







ベースはビリー・シーン氏!(・∀・)

最近知った衝撃の事実

近所に月一でジャズセッションをやる店があり、




数年前は定期的にベースとして参加していました。




はじめの頃は僕が「初心者」ということで、皆さんがヘタっぴな僕に合わせてくれて、




僕も少しずつ成長したのですが…




何年たってもあるレベル以上にならず、どうしても他の参加者の足を引っ張ってしまうので




心苦しくなり、いつの日か参加しなくなってしまいました(;´ω`)




しかし最近、楽器を始めたころの旧友に会って、




へたっぴ同士でセッションを や ら な い か ウホッ (以下略




とさそって頂いたので、久しぶりに"セッションの教科書"である「青本」を開きました。


↓いわゆる「青本」
青本



そして、数年前にベーシストの"納浩一"さんが




ジャズライフで「スタンダードベース講座」をやってた事を思い出したので、




ググってみるとなんと…


黒本


あの納浩一さんが新しい"スタンダードジャズの本"、通称「黒本」を出してたと知りました!(゚o゚;;




いや~ びっくり。何だか嬉しくなって久しぶりにやる気が出てきました( *`ω´*) フンス!




いつまでこの熱が続くかわかりませんが、




またチャレンジしてみようかと思います。




ハーモニクス

最近、まったく音楽の話をしていない気がするので




久々にベースの話をば…




ベースのハーモニクスを多用した曲として




ジャコパスの「トレイシーの肖像」が有名です。




この曲によって、ベース・ソロの可能性が大きく広がったそうですね。




ハーモニクスを多用した曲で僕が好きなものは




ビクター・ウッテンの弾く「Amazing Grace」です(*´∀`*) ↓








最近まで知らなかったのですが、(/ω\*)ハズカシ




YouTubeでは字幕を表示させる機能があったのですね (下図の丸の所で選択)







ヒアリングは超苦手なので、




英語の動画は敬遠していましたが、




これで洋物の動画も楽しめそうです。




幾つか試したところ、あまり正しく訳せてなさそうな物もありますが…(´д`)


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。